マンションを満室に | 投資マンションで副収入を得る!|老後を安定させる仕事以外の選択肢

投資マンションで副収入を得る!|老後を安定させる仕事以外の選択肢

不動産

マンションを満室に

管理会社の選択を

不動産

一括借り上げとは、土地を持っている人がオーナーとなり、費用を負担しマンションなどの賃貸住宅を建設し、その出来上がった賃貸住宅を管理会社が、その全ての部屋を借り上げ、オーナーに料金を支払うシステムです。この時、基本的に満室状態の金額で契約することになり、オーナーは空き部屋が出た場合でも、決められた賃料が入ることになることから、安心して生活することが出来ることになります。例えば、一括借り上げを行い一棟満室としての賃料が200万円と考えます。契約で賃料の80%保証となった時には、160万円が毎月確実に入って来ることになります。オーナーにとって相対家賃で考えると、周辺の賃料より安く感じることになりますが、空き室の心配ないという特典も与えられます。

家賃の見直しに注意

オーナーは、管理者としては素人ですから、入居者とのトラブルなども管理会社に任せる事が出来、非常に気楽な暮らしが出来ることになります。ですが、この一括借り上げの契約の多くは、数年ごとに家賃等の見直しが行なわれる可能性が大きくなっています。その時、周辺事情から入居者が余りにも少ない時などは、家賃の値下げ交渉が行なわれ、賃料が下がることも考えられます。また、建物が古くなって来たことから、入居希望者が減るということも現実には起きて来ます。オーナーは、この一括借り上げにおける家賃等の見直し時期は必ずやって来ると考えておきましょう。その時には、部屋を含め全体のリフォームなどを考えることにもなると知っておくべきです。そのための資産をキチンと確保しておくことも、オーナーとしての大事な仕事になります。